短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    住所録 消し逝く友よ淋しさよ  (戸楓)
(標目  弾丸くぐりし在りし日壊う)
 追吟  淋しさよ生死の輪廻避けられず

地    コトコトと 変わりなき身の家事仕事  (土筆)
(標目  平穏無事の暮らしに感謝)

人    煤払い 紫雲の空に夢を蓮馳す  (直樹)
(標目  迎える年の幸多かれと) 

二    踏まれても歪む事なし野辺の花  (新一)<折り句 フユノ>
三    剣山へ師匠の挟み樹を活かす  (泉水)<折り句 ケシキ>
四    揺れ動く 国の行く手の定まらず  (純一)
五    聖なる夜 信者集いて御子賛美  (篤子)
六    お買物 夢は大きく三億円  (直樹)
七    住所録 老いて花咲く詩の友  (直樹)
八    お買物 値引きに乗った欲と悔い  (千翔)
九    火の用心 主婦の訓練初期消火  (政信)
十    箸と箸とがぶつかり合って 家族揃って鍋囲む  (恒男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 03:00 |  安冨冠句会例会