短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    健康も資産の一つ今日も生く  (篤子)<折り句 ケシキ>
(標目  金で買えない貴重な宝)
 追吟  今日も生くおいしい空気吸う限り

地    コトコトとブリ大根が冬を煮る  (和憲)
(標目  太い抜き立て合性良くて)

人    福の神夢と希望を軒毎に  (良春)<送り句 フユノ>
(標目  天の配剤無形の宝)

二    口の達者に頑固が拍車 老いて益々盛んなり  (和憲)<送り句>
三    振り返る 媚びず奢らず範ならず  (千翔)
四    歌合戦 歌手が夢見る晴れ舞台  (泉水)
五    お買物 心くすぐる値引き札  (千翔)
六    白無垢に包まれ門出真な娘  (孝子)<読み込み 白>
七    白菜も鉢巻き締めて冬構え  (和憲)<読み込み 白>
八    コトコトと 牛歩で足りる趣味の道  (哲男)
九    吹く風も逝く人偲ぶ野辺送り  (純一)<折り句 フユノ>
十    住所録 老いて花咲く詩の友  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 04:00 |  安冨冠句会例会