短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    白菜も鉢巻き締めて冬構え  (和憲)
(標目  寒いだろうが耐えてよ暫し)
 追吟  冬構え雪のフトンで春までは

地    振り返る 去るは一年来るは歳  (耕作)
(標目  同じ一年中身がちがう)

人    歌合戦 衣装で上げる視聴率  (和憲)
(標目  耳はさておき目で楽しんで)

二    揺れ動く 国の行方の定まらず  (純一)
三    聖なる夜 今宵ばかりは皆信者  (篤子)
四    口の達者に頑固が拍車 老いて益々盛んなり  (和憲)<送り句>
五    広辞苑 知識さずかるお友達  (千賀子)
六    振り返る 苦楽を共に生きた道   (春風)
七    お買物 暫し夢見る宝くじ  (春風)
八    息白く部活生徒の寒稽古  (耕作)<読み込み 白>
九    広辞苑 難問奇問ぬかりなし  (謙一郎)
十    冬の里 雪に佇む野の地蔵  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 05:00 |  安冨冠句会例会