短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    富士の山雪の衣を野に曳いて  (春風)<折り句 フユノ>
(標目  凛として威風堂々世界一)
 追吟  野に曳いて世界に誇る絶景を

地    花鳥風月侘び寂を知る 老いて益々盛んなり  (雄飛)<送り句>
(標目  精進の頭に朝日が昇る)

人    白い花戴帽式に咲き揃う  (千翔)<読み込み 白>
(標目  待望の白衣の天使ナイチンゲール)

二    健康をしみじみ感謝昨日今日  (千翔)<折り句 ケシキ>
三    懸崖を仕立て見事な菊日和  (公三)<折り句 ケシキ>
四    箸が触れ合いほほえむ笑顔 家族揃って鍋囲む  (耕作)<送り句>
五    剣山へ師匠の挟み樹を活かす  (泉水)<折り句 ケシキ>
六    聖なる夜 十字に託す祈りの灯  (千翔)
七    コトコトと森の水車は風情あり  (豪人)
八    白黒を付けてはならぬ夫婦仲  (直樹)<読み込み 白>
九    健康は幸せ宿し気も和む  (耕作)<折り句 ケシキ>
十    致命傷芸能界に白い粉  (泉水)<読み込み 白>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 06:00 |  安冨冠句会例会