短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      剣山へ師匠の挟み樹を活かす  (泉水)<折り句 ケシキ>

五選   揺れ動く 国の行く手の定まらず  (純一)

      お買物 値引きに乗った欲と悔い  (千翔)

      揺れ動く どこかにボタン掛け違い  (耕作)

      お買物 心くすぐる値引き札 (千翔)

四選   白菜も鉢巻締めて冬構え  (和憲)<読み込み 白>

      火の用心 認知に恐い消し忘れ  (政信)

三選   踏まれても歪む事なし野辺の花  (新一)<送り句 フユノ>
      口の達者に頑固が拍車 老いて益々盛んなり  (和憲)<送り句>
      住所録 老いて花咲く詩の友  (直樹)
      歌合戦 衣装で上げる視聴率  (和憲)
      お買物 夢は大きく三億円  (直樹)
      煤払い 化粧直して春を待つ  (公三)
                             

      以上 三選6章、多選計13章でした。


21年最後の紫水杯は5選が5章もでるという凄い戦いでした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 08:00 |  安冨冠句会例会