短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

カテゴリ:未分類( 4 )

平松直樹 雅伯選

天    煤払い 化粧直して春を待つ  (公三)
(標目  こころ爽やか進取の気持ち)
 追吟  春を待つ心清めて幸あれと

地    振り返る 過ぎたる日々も懐かしく  (阿ケ美)
(標目  ああ青春の山河を望む)

人    広辞苑 祖母の知恵にはかなわない  (孝代)
(標目  活字に見えぬ人の心根)

二    届く野菜にふるさと思う 家族揃って鍋囲む  (千賀子)<送り句>
三    踏まれも歪む事なし野辺の花  (新一)<折り句 フユノ>
四    住所録 永久の別れが又一人  (公三)
五    名句続出ゆずらぬ上座 老いて益々盛んなり   (千賀子)<送り句>
六    揺れ動く 国の行く手の定まらず  (純一)
七    懸崖を仕立て見事な菊日和  (公三)<折り句 ケシキ>
八    トコトコと ブリ大根が冬を煮る  (和憲)
九    白菜も鉢巻き締めて冬構え  (和憲)<読み込み 白>
十    聖なる夜 知らず知らずの罪を詫び  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 07:00
松井土筆 雅伯選

天    秋深み流れは細し谷清水  (千翔)<折り句 クノヒ>
(標目  錦鮮やか山路を飾る)
 追吟  谷清水もみじ浮かべて長い旅

地    余生の灯 天寿の余白爽やかに  (純一)
(標目  斯く有りたや自然の毎く)

人    愛燦々 老老介護この一語  (和憲)
(標目  否応無しに巡る現実)

二    千羽鶴 心の籠る応援歌  (新一)
三    芸術家 波を重ねて岩を彫る  (哲夫)
四    旅の宿 露店で掬うお湯の月  (和憲)
五    筆走る冠句文化が過疎包む  (耕作)<読み込み 文>
六    文化祭多彩な趣味が生かされて  (春風)<読み込み 文>
七    我が余生楽しき詩に視野広げ  (直樹)<折り句 ワタシ>
八    ワンダフル多選に光る紫水杯  (和憲)
九    好々爺 風雪耐えた長寿眉  (純一)
十    芸術家 冠句文芸世に楽し  (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 04:00
太田春風 雅伯選


天    凭れ合う 人と言う字に教えられ  (泉水)
(標目  支えられつつ支えることも)
 追吟  教えられ足取り軽しボランティア

地    お揃いで 華燭の宴睦まじく  (恒男)
(標目  永久の契に幸多かれと)

人    未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)
(標目  世界の期待日本背負って)

二    城下町過去へ思いを馳せてみる  (孝代)<読み込み 城>
三    凭れ合う ガソリン税の泣き笑い  (哲男)
四    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
五    満ち足りて 日々平凡に生きる幸  (直樹)
六    蜜を吸う 花と遊んだ昭和の子  (純一)
七    花吹雪 少子高齢どう裁く  (直樹)
八    ふわふわと 人の心が地につかず  (新一)
九    花粉飛ぶ 容赦しません美人とて  (和憲)
十    夫婦舟波に揉まれて共白髪 (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 05:00
村上千翔 雅伯選

天    類がない 原爆投下受けた国  (豪人)
(標目  決して忘れてならぬは日本)
 追吟  受けた国後世永久に伝え継ぐ

地    狙い撃ち 核にやられた拉致の的  (佳月)
(標目  他国のなげき餌として生き)

人    学校で 友という名の宝物  (善三郎)
(標目  傘寿米寿となる程宝)

二    天下泰平庭の松  (公三)
三    四季は移ろい自然の美学 山は紅葉に衣替え  (公三)<送り句>
四    類がない 六角古墳太古知る  (泉水)
五    雲海に富士冠雪が浮いて見ゆ  (豪人)<読み込み 雲>
六    木枯らしに百面相の千切れ雲  (佳月)<読み込み 雲>
七    尽くす愛今日の介護に見る灯り  (政信)<折り句 ツキミ>
八    鶴と亀君と二人の道標  (奎夫)<折り句 ツキミ>
九    記念して 節目写して孫育つ  (土筆)
十    米寿の写真大家族(善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-01-30 05:00