短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部

紫水杯  三選  
    
      年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)

三選   年明けて また黙々と老いの坂  (公三)
      訳言うて 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
      雲晴れて 笑顔で帰る再検査  (和憲)
      まだ見えぬ目指す冠句の奥遠し  (土筆)<折り句 マメオ>
      梅が咲き 絵手紙嬉し花談義  (和憲)
      征きて還りて八十路を生きて 建国記念宮参り  (純一)
      前向きに生きて冠句を楽しもう  (千代子)<折り句 マイタ>
      空模様 見込み違いのスキー靴  (治子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 08:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
(標目  有終の美を雅友と飾らん)
 追吟  老いの筆 詩をみちずれに季を歩む

地    老いの冬 無位無冠にて欲少し  (純一)
(標目  生きる証をほんのりと出す)

人    訳言うて 休暇が叔父を二度殺す  (政信)
(標目  掟をくぐるテクニックあり)

二    老いの冬 夢を紡ぎて春を待つ  (千翔)
三    にっこりと 天の標目胸の内  (豪人)
四    わからない 誰の血を引く出世ぶり  (千翔)
五    雲晴れて 笑顔で帰る再検査  (和憲)
六    父母の恩 風除けとなり傘となり  (治子)
七    訳言うて 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
八    訳言うて 頷く親の目が恐い  (公三)
九    那智も消え華厳も消えて凍て柱  (政信)<詠み込み 凍>
十    二月忙しや寿司から豆に バレンタインのチョコを買う  (純一)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 07:00 |  安冨冠句会例会
村上千翔 雅伯選

天    老いの冬 電話は温い娘のたより  (高男)
(標目  笑顔が見える声はおだやか)
 追吟  娘の便り元気をくれる天の声

地    父母の恩 計り知れない天の情  (戸楓)
(標目  熱い涙で感謝とお礼)

人    老いの冬 見えぬ寿命に重ね着を  (祥雲)
(標目  お迎え日々に近づきたれど)

二    年明けて また黙々と老いの坂  (公三)
三    老いの冬 夫婦互いの杖となり  (純一)
四    雲晴れて 生きる勇気を詩にする  (直樹)
五    若い息吹がちまたに溢れ バレンタインのチョコを買う  (善三郎)<送り句>
六    麦畑 凍える足にわらべ歌  (耕作)<読み込み 凍>
七    東風吹かば凍る大地も草萌える  (弥生)<読み込み 凍>
八    まだ見えぬ目指す冠句の奥遠し  (土筆)<折り句 マメオ>
九    梅が咲き 太宰府の神東風に酔う  (佳月)
十    訳言うて 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 06:00 |  安冨冠句会例会
春名豪人 雅伯選

天    梅が咲き 太宰府の神東風に酔う  (佳月)
(標目  神はそれぞれ得手を持っている)
 追吟  東風に酔う加茂の大神干支に酔う

地    年明けて また黙々と老いの坂  (公三)
(標目  増々坂はキツクなるけど)

人    老いの冬 寒さも募る友が減り  (芳英)
(標目  暑さ寒さを気をつけて貰う)

二    地平線 赤い夕日を乗せている  (純一)
三    まず吾が身迷惑かけぬ老いの日々  (千翔)<折り句 マメオ>
四    父母の恩 背別してから身にしみる  (泉水)
五    老いの冬 中身細いが着膨れて  (千代子)
六    わからない テレビで跳ねる若い歌  (戸楓)
七    訳言うて 妻が怪しむシャツの紅  (和憲)
八    地平線 山家育ちは知らぬまま  (土筆)
九    悲しみに数珠も凍る通夜帰り  (和憲)<読み込み 凍>
十    高野山凍てる豆腐と南無大師  (祥雲)<読み込み 凍>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    雲晴れて 千の風舞う阿弥陀の里  (新一)
(標目  池中の蓮花 光放つ)
 追吟  阿弥陀の里迦稜頻伽のお出迎え

地    梅が咲き 色香をそえて風情増し  (春風)
(標目  枯山水に早春の訪れ)

人    二千六百六拾七の 建国記念宮参り  (佳月)<送り句>
(標目  起源は長し永久に栄えん)

二    にっこりと 晴れて米寿の夫婦花  (直樹)
三    年明けて 越えて嬉しや八十路坂  (弥生)
四    父母の恩 記憶は消えぬこの絆  (耕作)
五    旬うすれ年中食材冷凍庫  (豪人)<読み込み 凍>
六    東風吹かば凍てる大地も草萌える  (弥生)<読み込み 凍>
七    松葉蟹陰の港は大漁旗  (豪人)<折り句 マイタ>
八    地平線 駱駝の背なで見る砂漠  (豪人)
九    梅が咲き 絵手紙嬉し花談義  (和憲)
十    老いの冬 暖冬なれど火が恋し  (千代子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
(標目  筆のしずくは苦節を語る)
追吟  老いの筆 余白に向けて動き出す

地    父母の恩 ただ線香で返すのみ  (純一)
(標目  おりん打つ手のしぐさも父似)

人    陽の恵み凍てし心の戸を開く  (公三)<読み込み 凍>
(標目  心やわらぐ太陽昇る)

二    愛娘生きて帰れと耐えて待つ  (春風)<折り句 マイタ>
三    梅が咲き 散らす香りが詩を生む  (耕作)
四    父母の恩 一系の糸綱を張る  (治子)
五    雲晴れて 人情拾た裏通り  (和憲)
六    老いの冬 夫婦互いの杖となり  (純一)
七    にっこりと 風が耳打ち春を告げ  (千翔)
八    老いの冬 じっと我慢の詩衣  (佳月)
九    雲晴れて 陽は温かく人包む  (高男)
十    訳言って 酔わずに居れぬ夜もある  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    空模様 地球の危機を感じさせ  (弥生)
(標目   この暖冬は世界を揺らす)
追吟   感じさせ異常気象に郷の危険

地    妻の死に心が凍る老いの日々  (芳英)<読み込み 凍>
(標目   対の湯呑みも肩身が狭い)

人    父母の恩 嫁ぐその日に墓参り  (直樹)
(標目   見せに来ましたしあわせ涙)

二    老いの冬 灯油値上げで野良仕事  (政信)
三    にっこりと 三重丸を見せに来る  (純一)
四    凍てついた道行く人の千鳥足  (篤子)<読み込み 凍>
五    車事故胸の芯まで凍り付く  (新一)<読み込み 凍>
六    まだ見えぬ目指す冠句の奥深し  (土筆)<折り込み マメオ>
七    待ち惚け異国横綱ただ一人  (佳月)<折り込み マイタ>
八    松葉蟹陰の港は大漁旗  (豪人)<折り込み マイタ>
九    雲晴れて 笑顔で帰る再検査  (和憲)
十    地平線 昇る朝日に幸祈る  (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 02:00 |  安冨冠句会例会
岸田戸楓 宗匠選

天    地平線 沈む夕日の雄大さ  (芳英)
(標目  真赤な空に 大草原も)
 追吟  雄大さ大地も染めて巨大(おおき)火の玉

地    梅が咲き 香り一際句座の花  (耕作)
(標目  春の魁 桜と続く)

人    地平線 真っ赤に染めて陽は落ちる  (奎夫)
(標目  横一文字 空と草原)

二    父母の恩 報いぬままに子に尽くす  (春風)
三    雲晴れて 夕月古城を絵に浮かせ  (祥雲)
四    先ず吾が身迷惑かけぬ老いの日々  (千翔)<折り句 マメオ>
五    愛娘生きて帰れと耐えて待つ  (春風)<折り句 マイタ>
六    出勤を母が見送る凍結路  (佳月)<読み込み 凍>
七    二度と戦争することならじ 建国記念の宮参り  (春風)<送り句>
八    母の命日仏花に添えて バレンタインのチョコを買う  (佳月)
九    年明けて 残り灯燃やす老いの筆  (高男)
十    にっこりと 声かけ合って過疎老いる  (高男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-03-28 01:00 |  安冨冠句会例会