短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      福祉まで喰い物にする痛みの世  (純一)<折り句 フクイ>

四選   継ぎ足して 余生を呉れたメスの跡  (佳月)
      まかせきり 命預けた手術台  (祥雲)
      故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>

三選   信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<詠み込み 信>
      余生なほ明日を信じて今日生きる  (純一)
      臥せる今苦労掛けたと言う涙  (直樹)
      継ぎ足して 句帳の白に浮かぶ夢  (和憲)
      まかせきり 清記の苦労知る地巻  (和憲)
      一度だけ 陛下の声を聞いた夏  (佳月)
      裏ばなし 今は話せる苦労道  (公三)
      
      以下三選(純一)(和憲)(春風)(泉水)(戸楓)
      以上十二章
      
以上多選の部 十七章でした 。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 08:00 |  安冨冠句会例会
春名豪人 雅伯選

天    一度だけ 陛下の声を聞いた夏  (佳月)
(標目  こんな悲しさ日本どん底)
 追吟  聞いた夏男は金抜き皆殺し

地    継ぎ足して 地価を見下ろすのっぽビル  (佳月)
(標目  天に伸ばして単価を下げる)

人    踏まれても苦痛に耐えて生きる雑草  (新一)<折り句 フクイ>
(標目  男はみんなこれを味わう)

二    一度だけ 誰もが渡る三途川  (芳英)
三    出世とは 屋台忘れて行く銀座  (和憲)
四    裏ばなし そっと目配せ内緒ごと  (奎夫)
五    福祉まで喰い物にする痛みの世 (純一)<折り句 フクイ>
六    信頼す医師の笑顔で安堵する  (篤子)<読み込み 信>
七    口ばかり 言ってるその人得意顔  (直樹)
八    裏ばなし 地獄へ持ってゆく人も  (政信)
九    人が見る 静かに来てよ救急車  (佳月)
十    まかせきり 清記の苦労知る地巻  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    時移り山万緑で正に夏  (千代子)<折り句 トヤマ>
(標目  国敗れても山河とこしえ)
 追吟  正に夏省略のはて娘の水着

地    出世とは そのものさしは社会の目  (善三郎)
(標目  天地神明万人認む)

人    故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>
(標目  月に一度ときめきたのし)

二    青田道 一期一会の風かおる  (治子)
三    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<読み込み 信>
四    人が見る 表舞台に咲いた筆  (和憲)
五    玉に疵 それが愛敬人間味   (土筆)
六    如何かそぐわぬ思いが強い 二度と来るかこんな店  (善三郎)<送り句>
七    まかせきり 頭もたげる老婆心  (善三郎)<折り句 タマオ>
八    口ばかり 達者している生きている  (土筆)
九    筆止めて苦吟をに耽る一夜漬け  (佳月)
十    出世とは 地位とお金が正比例  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 06:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    青田道 野良吹く風の心地よさ  (和憲)
(標目  自然の恵み身に受け老いる)
 追吟  心地よさ花にみどりや実る秋

地    継ぎ足して 余生を呉れたメスの跡  (佳月)
(標目  医学の進歩感謝の命)

人    福祉まで喰い物にする痛みの世  (純一)<折り句 フクイ>
(標目  モラル地に落つ悪知恵幹部)

二    青田道 豊秋祈る青座敷  (守磨呂)
三    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<読み込み 信>
四    出世とは そのものさしは社会の目  (善三郎)
五    出世とは 世間が認む功労賞  (篤子)
六    まかせきり そこに芽生える汚職絵図  (佳月)
七    口ばかり ついて行けない足と腰  (春風)
八    ふるさとは栗の花咲く田舎道  (佳月)<折り句 フクイ>
九    人が見る 意識は無用のありのまま  (善三郎)
十    故郷の句座で楽しむいい出合  (祥雲)<折り句 フクイ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 05:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    継ぎ足して 余生を呉れたメスの跡  (佳月)
(標目  名医執刀余生安らか)
 追吟  メスの跡見つめて感謝新たなリ

地    一度だけ 親父が言ったありがとう  (直樹)
(標目  父の臨終ことば忘れず)

人    末長く信じて咲かす夫婦花  (公三)<詠み込み 信>
(標目  咲いた人生持ちつ持たれず)

二    継ぎ足して 句帳の白に浮かぶ夢  (和憲)
三    冠句一筋夢追い人の 余生指折る詩の道  (和憲)<送り句>
四    一度だけ チャンスを与えた人づくり  (耕作)
五    人が見る 見嗜みこそ徳を得る  (千恵子)
六    出世とは 追えど探せど未だ無縁  (政信)
七    人が見る 仮面に浮いた社保の顔  (直樹)
八    命がけ 昭和貧しく戦えり  (純一)
九    青田道 一期一会の風かおる  (治子)
十    命がけ ギネスを競う老いの夢  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 04:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    信じてと言い寄る君の目が恐い  (直樹)<読み込み 信>
(標目  恋は盲目ブレーキ効かず)
 追吟  目が恐い裏がありそなその笑顔

地    信用に勝ものなし人の道  (耕作)<読み込み 信>
(標目  その人柄に宿る人望)

人    継ぎ足して 余生をくれたメスの跡  (佳月)
(標目  医師を信用手術に賭ける)

二    まかせきり 命預けた手術台  (祥雲)
三    惚けの予防にくらしのリズム 余生指折る詩の道  (佳月)<送り句>
四    口に合うとも財布に合わぬ 二度と来る会こんな店  (佳月)<送り句>
五    玉に疵 国技と呼べぬ綱の位置 (佳月)
六    玉に瑕 ちょっと一言多いのが  (哲男)
七    青田道 蛇や蛙がお出迎え  (芳英)
八    青田道 野良吹く風の心地よき  (和憲)
九    口ばかり 法螺吹く人に誠意なし  (祥雲)
十    口ばかり 一人二人は村に住む (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 03:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    命がけ 生き抜いたから今がある  (守磨呂)
(標目  ふれ合う友を得たる幸せ)
 追吟  今がある人生峠幾曲がり

地    公約を信じた票だ裏切るな  (良春)<読み込み 信>
(標目  期待するのが無理かも知れぬ)

人    継ぎ足して 記憶を辿る老いの日々  (公三)
(標目  霞の奥を探る思いで)

二    継ぎ足して 無い袖を振ることもある  (耕作)
三    まかせきり 信頼に立つ人づくり  (政信)
四    出世とは 陽に顔向けて恥じぬこと  (政信)
五    物忘れ自分信じる事出来ず  (土筆)<読み込み 信>
六    富と貧やたらと格差増すばかり  (篤子)<折り句 トヤマ>
七    人が見る 正した襟の美しさ  (和憲)
八    一度だけ チャンス与えた人づくり  (耕作)
九    裏ばなし 書いてあります目の色に  (善三郎)
十    口ばかり 一人二人は村に住む  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 02:00 |  安冨冠句会例会
岸本戸楓 宗匠選

天    詩に想いをねがいを文字に 余生指折る詩の道  (治子)<送り句>
(標目  優雅な想い辞苑を枕)
 追吟  詩の道余生幾許辞苑枕に

地    戦友が呼ぶ靖国の森真砂踏む  (新一)<折り句 トヤマ>
(標目  吾生き永らへて句界に生きて)

人    臥せる今苦労掛けたと言う涙  (直樹)<折り句 フクイ>
(標目  後ろ姿に心の合掌) 

二    残る人生冠句に懸けて 余生指折る詩の道  (新一)<送り句>
三    余生なお明日を信じて今日生きる  (純一)<詠み込み 信>
四    信用は金で買えない身の宝  (祥雲)<詠み込み 信>
五    明日に夢持ち心も若く 余生指折る詩の道  (耕作)<送り句>
六    共白髪遣り繰り上手まろやかに  (新一)<送り句 トヤマ>
七    夫婦愛苦楽乗り越え今の幸  (耕作)<送り句 フクイ>
八    振り向けば悔いの人生生地獄  (篤子)<送り句 フクイ>
九    人が見る 笑顔会釈で丸く生き  (政信)
十    命がけ 我が子を守る親の愛  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-07-26 01:00 |  安冨冠句会例会