短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)

四選   洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
     
三選   田は黄金野に咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タノシ>
      国のため帰らぬみ霊石無言  (佳月)<折り句 クカイ>
   鍵わたす 野党に移る議長席  (佳月)
      美し国 自然に負けぬ人の道  (千代子)
      玉の輿乗って見たけど尻痛し  (守磨呂)
      道の駅 ローカル色が競い合う  (公三)
      きのこ雲 千古の悔いを残す空  (和憲)
      どこへゆく 政治の行方定まらず  (篤子)
      鍵わたす 気を許したが悔いの元  (純一)
      洗い髪 心も軽く今朝の秋  (新一)      
      
      以上十二章
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 08:00 |  安冨冠句会例会
春名豪人 雅伯選

天    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  私そろそろお願いします)
 追吟  愛がする一生懸命真心で

地    鍵わたす 野党に移る議長室  (佳月)
(標目  互い仲よく国民のため)

人    苦労して掛けた年金いつか消え  (春風)<折り句 クカイ>
(標目  早く調べて正常にして)

二    遠き子へおくる便りは和のこころ  (治子)<読み込み 和>
三    どこへゆく 政治の行方定まらず  (篤子)
四    面構え 気品あふれる大女将  (春風)
五    独楽ねずみ 働くだけの父でした (高男)
六    鎮守森昭和も遠く百度石  (純一)<読み込み 和>
七    大切に残しておこう自然の美  (芳英)<折り句 タノシ>
八    きのこ雲 地獄落した爆撃機  (和憲)
九    どこへゆく 視界ゼロなる日本船  (美好)
十    独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  二十四時間待ったなしとて)
 追吟  愛がする無償なれども気は豊か

地    コウノトリ 地域上げての世話係  (恒男)
(標目  そっと見守る慈愛の眼)

人    日は暮れて和む机上の筆と紙  (治子)<読み込み 和>
(標目  硯波なく季の静かなる)

二    美し国 中身は大事と民の声  (善三郎)
三    鍵わたす つまるところは信と仁  (善三郎)
四    きのこ雲 語り継ぐけど核いらぬ  (孝代)
五    田は黄金野に咲く花に四季めぐる   (佳月)<折り句 タノシ>
六    案の定 出過ぎた釘は叩かれる  (耕作)
七    鍵わたす 見込んだ目には狂いなし  (善三郎)
八    苦もあるさ快楽もある生きる糧  (土筆)
九    独楽ねずみ 人それなりの生きる道  (直樹)
十    案の定 庶民の怒り表に出る  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 06:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    独楽ねずみ 過労死案ずキリギリス  (恒男)
(標目  千差万別この世の運命)
 追吟  キリギリス流転輪回に身をまかす

地    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  生気は戻るこの気持ち良さ)

人    田は黄金の葉咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タノシ>
(標目  今年や豊作祭りも間近)

二    和歌山の熊野古道も歌になり  (豪人)<詠み込み 和>
三    和やかに冠句の会は世にほこり  (戸楓)<詠み込み 和>
四    耐えて継ぐ農家のほこり皺は歳  (耕作)<折り句 タノシ>
五    面構え 風貌からの滲む味  (和憲)
六    櫛形の下弦の月を池に置く  (佳月)<折り句 クカイ>
七    苦しいよ介護保険も医療費も  (豪人)<折り句 クカイ>
八    鍵わたす 信頼の二字手に重し  (佳月)
九    道の駅 気安さ引かれ足が向く  (新一)
十    きのこ雲 被爆被災は生き地獄  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 05:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選

天    鍵わたす 婿を信じて喜んで  (公三)
(標目  子子孫孫の夢を託して)
 追吟  喜んで悠々自適老いの幸

地    案の定 苦労を知らぬ世の乱れ  (土筆)
(標目  豊かな暮らし情を忘れ)

人    美し国 人の心に詩を生む  (耕作)
(標目  情育みて世界平和)

二    和の句座はあとを汚さぬ鳥ばかり  (佳月)<詠み込み 和>
三    どこへゆく 世界平和と温暖化  (直樹)
四    案の定 原発揺らぎ汚染漏れ  (良春)
五    コウノトリ 自然界へと二世飛ぶ  (高男)
六    きのこ雲 語り繋いていつまでも  (恒男)
七    独楽ねずみ 自動化進みリストラに  (良春)
八    先は短い嫌われまいぞ 奥歯で殺す腹の虫  (佳月)<送り句>
九    加茂の社に夕暮れ迫り 森に溶け込む蝉の声  (奎夫)<送り句>
十    どこへゆく 行先告げず自分だけ  (太)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    きのこ雲 ああ八月の十五日  (公三)
(標目  盆の最中に聞いた玉音)
 追吟  十五日玉音偲ぶ走馬灯

地    独楽ねずみ 働くだけの父でした  (高男)
(標目  まめな親父で仕事一途に)

人    忘れ得ぬ昭和は遠く遠くなる  (佳月)<詠み込み 和>
(標目  昭和年代日々遠のく)

二    鍵わたす 真価が光る時が来る  (耕作)
三    道の駅 田舎を乗せた鈍行車  (新一)
四    国のため帰らぬみ霊石無言  (佳月)<折り句 クカイ>
五    美し国 語る前こそ身を屈め  (直樹)
六    和の心今日満ちたりしこの余生  (耕作)<詠み込み 和>
七    桜散る戦友は大和とちゅらの海  (高男)<詠み込み 和>
八    どこへゆく 境界線の無い暮し  (公三)
九    独楽ねずみ やがて身につく陣羽織  (戸楓)<送り句>
十    面構え そっくりさんや孫の顔  (美好)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    田は黄金野に咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タニシ>
(標目  豊作祝い彼岸花咲く)
 追吟  四季めぐる花の匂いに農の汗

地    道の駅 とれとれ野菜里の色  (純一)
(標目  ふるさと自慢味が勝負だ)

人    コウノトリ平和の使者となる但馬  (耕作)
(標目  野生に帰えす苦労実るか)

二    鍵わたす 気を許したが悔いの元  (篤子)
三    国のため帰らぬ霊石無言  (佳月)<折り句 クカイ>
四    苦心して介護の仕事行き詰まる  (篤子)<折り句 クカイ>
五    案の定 国技軽視の綱に罰 (良春)
六    洗い髪 今日はデートか化粧して  (千代子)
七    独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)
八    どこへゆく 海に浮かんだ粗大ゴミ  (芳英)
九    どこへゆく 台風気がかり夜も更けて  (春風)
十    和やかな冠句の会は世に誇り (戸楓)<読み込み 和>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 02:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    どこへゆく やがてまばたく星になる  (善三郎)
(標目  イエスキリストニッコリとする)
 追吟  星になる宇宙に消えたかぐや姫

地    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  心に沁みる愛の手さばき)

人    玉の輿乗って見たけど尻痛し  (守磨呂)<折り句 タノシ>
(標目  氏も育ちも近代化して)

二    例会は和に始まりて和に終る  (善三郎)
三    鍵渡す 心の扉開けし人  (純一)
四    案の定 宿題残し始業式  (春風)
五    長い一生棒には振れぬ 奥歯で殺す腹の虫  (善三郎)<送り句>
六    妻として一家を支える和の心  (泉水)<詠み込み 和>
七    美し国 みな中程の暮らし向き  (純一)
八    独楽ねずみ 運命の糸をたぐる日日  (耕作)
九    夏の思い出まほろば遺跡 森に溶け込む蝉しぐれ  (治子)
十    洗い髪 誰に逢うのか浮き浮きと  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 01:00 |  安冨冠句会例会