短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部
紫水杯  五選  
    
      嘘ばかり おとぎ話は夢がある  (芳英)

四選   望みあり峠を越えた心電図  (佳月)<読み込み 望>
      一期一会のご縁があって 旅は道連れ世は情け  (春風)<送り句>
      嘘ばかり 舌抜く鬼の手が足りぬ  (佳月)
      意気が合う シンクロ見事水に華  (孝代)

三選   とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
      目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
      住所録 回顧にふける友の顔  (奎夫)
      目が肥えて 親の財布が見えぬ子等  (公三)
      住所録 今はまる秘となる世相  (公三)
      目が肥えて 贅沢という敵に会う  (佳月)
      嘘ばかり 白い恋人赤い餅  (豪人)

      以下(哲男)(佳月)(祥雲)(泉水)
      以上 三選11章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 08:00 | 冠句の仲間
春名豪人 雅伯選

天    意気が合う 戦時話に夜が更ける  (千代子)
(標目  同じ世代は苦労を共に)
 追吟  世は更けて空襲警報防空壕

地    とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
(標目  思い出だけは私の心に)

人    春はこぬ厚労リストねむる地下  (哲男)<折り句 ハコネ>
(標目  冬眠の人早く芽吹いて)

二    住所録 今はまる秘となる世相  (公三)
三    手を広げ 破産するまで捨てぬ欲  (佳月)
四    老いてなお青春謳歌の望み持ち  (恒男)<詠み込み 望>
五    目が肥えて 厨の主婦は腕を組み (千代子)
六    住所録 消えてしまったホームレス  (芳英)
七    ひとまわり 歳は上でも気は若い  (千代子)
八    嘘ばかり 舌抜く鬼の手が足りぬ  (佳月)
九    目が肥えて 偽装指摘主婦の知恵  (篤子)
十    あとわずか はやる気持ちの受験生  (智稔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    好きなのよ さらりと言った別れ際  (直樹)
(標目  味なセリフは名画のラスト)
 追吟  別れ際菊人形となりし母

地    目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
(標目  二DKは気楽なお城)

人    赤い糸運命の人が待っている  (良春)<折り句 アサマ>
(標目  恋いにあこがれ源氏読みつつ)

二    住所録 消去が辛い逝きし友  (善三郎)
三    繁昌はこまめ第一猫会釈  (善三郎)<折り句 ハコネ>
四    手を広げ 趣味に泣いたり笑ったり  (公三)
五    とっておき 記念硬貨が世を語る   (春風)
六    政権を望む野党は今一つ  (戸楓)<読み込み 望>
七    冬仕度 年金寒し物価高  (祥雲)
八    嘘ばかり 口では論理気は亡者  (善三郎)
九    好きなのよ 漬物で食う茶漬け飯  (良春)
十    オレ流で望み叶えた日本一  (戸楓)<詠み込み 望>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 06:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選

天    哀別の寂しさあれどまず安堵  (善三郎)<折り句 アサマ>
(標目  妻の努めと我慰める)
 追吟  まず安堵されど空しさ迫り来る

地    手を広げ 我を支えてくれた杖  (耕作)
(標目  蔭に日向に夫婦愛)

人    あとわずか 残る人生謳歌して  (新一)
(標目  富に随い貧に随い)

二    元気でと他に望みは何も無い  (孝代)<読み込み 望>
三    好きなのよ 目線で送るテレパシー  (憲應)
四    目が肥えて 皿が料理を引き立てる  (佳月)
五    とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
六    意気が合う 喧嘩しつつも夫婦道  (良春)
七    嘘ばかり 白い恋人赤い餅  (豪人)
八    母を呼ぶ子の泣き声に眠り覚め(孝代)<折り句 ハコネ>
九    望みあり峠を越えた心電図  (佳月)<読み込み 望>
十    とっておき 亡父の残した一首恋う (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    ひとまわり 月日は速し加茂の干支  (佳月)
(標目  流水の毎去りて帰らず)
 追吟  加茂の干支黄金の稲穂福ねずみ

地    とっておき 過去を振り返る写真集  (豪人)
(標目  懐かしき良い思い出となって)

人    冬仕度 年金寒し物価高  (祥雲)
(標目  天引き増えて寒風強し)

二    春を待つ米粒ほどの猫柳  (佳月)<折り句 ハコネ>
三    意気が合う シンクロ見事水の華  (孝代)
四    嘘ばかり 偽装で鳴いた閑古鳥  (和憲)
五    目が肥えて 親の財布が見えぬ子等  (公三)
六    好きなのよ 十坪の畑に小半日  (純一)
七    ひとまわり 畑見にゆく旅帰り  (純一)
八    手を広げ 傾く社運待つ悲劇  (泉水)
九    はまりますこの冠句会値踏みなし  (美好)<折り句 ハコネ>
十    あとわずか 老いる序曲の鐘が鳴る  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    あとわずか 一字の妙に夜がふける  (耕作)
(標目  詩の妙味は只の一字で)
 追吟  夜がふける筆のしずくに時忘れ

地    住所録 回顧にふける友の顔  (奎夫)
(標目  喪中挨拶友の面影)

人    望みあり峠を越えた心電図  (佳月)<読み込み 望>
(標目  生死さまよう計器見つめて)

二    目が肥えて 厨の主婦は腕を組み  (千代子)
三    目が肥えて 親の財布が見えぬ子等  (公三)
四    野見の宿禰が哭いてるだろう どこえ消えたか相撲道  (佳月)<送り句>
五    嘘ばかり おとぎ話は夢がある  (芳英)
六    好きなのよ 棘ある薔薇の紅い蜜  (直樹)
七    喜怒と哀楽重ね着なれど 旅は道連れ世は情け  (佳月)<詠み込み 橋>
八    意気が合う 夫婦似てくる面白さ  (和憲)
九    とっておき 母は臍の緒子に見せる  (豪人)
十    ひとまわり 回転寿司に子の睨み  (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    冬仕度 カニの漁場が季を告げる  (和憲)
  (標目 旬の市場にみなぎる活気)
 追吟  季を告げる冬の漁場に春が来る

地    あとわずか 好意が愛に変るまで  (太)
  (標目 これは本物式場予約)

人    好きなのよ 口に出せねど眼で合図   (篤子)
  (標目 こんなしぐさを察してほしい)

二    あとわずか 浄土だんだん近くなる (高男)
三    目が肥えて 品を選べど偽装とは  (良春)
四    天下り再就職で又稼ぐ  (純一)<折り句 アサマ>
五    嘘ばかり 舌抜く鬼の手が足りぬ (佳月)
六    嘘ばかり 白い恋人赤い餅  (豪人)
七    初日さす心清がしき年賀状  (祥雲)<折り句 ハコネ>
八    新年を迎え希望の春を待つ  (祥雲)<詠み込み 望>
九    人気ばなれに拍車がかかる どこえ消えたか相撲道  (和憲)<送り句>
十    ひとまわり 化粧まわしが土俵行く (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 02:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    好きなのよ 母棲む里の温かさ  (和憲)
(標目  ほのかに包む親の愛情)
 追吟  温かさ心も和む春の風

地    嘘ばかり ついておいでと言った人  (耕作)
(標目  永久に変わらぬ人と信じて)

人    あとわずか ゆっくり老いてゆくつもり  (純一)
(標目  確かな歩み杖が導く)

二    目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
三    とっておき 母の形見と着ず捨てず  (純一)
四    ひとまわり 笑顔と共に詠んだ四季  (直樹)
五    手を広げ 守るべき者抱きしめて  (憲應)
六    泥む人生相乗り楽し 旅は道連れ世は情け  (孝代)<送り句>
七    四季を詠んではこころを洗う 旅は道連れ世は情け  (直樹)<送り句>
八    意気が合う 灘の屋台が宙に舞う  (土筆)
九    嘘ばかり 化粧おとせば人変わる  (良春)
十    目が肥えて 懐痩せる世のならい  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 01:00 |  安冨冠句会例会