短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)<折り句 アカフ>

三選   気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
      苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
      除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
      苦を積めばものに感謝と知恵を得る  (千翔)<折り句 クモチ>
      迎春の二字の年賀に友は無事  (祥雲)<読み込み 迎>
      送迎の年の継ぎ目は歌と鐘  (佳月)<読み込み 迎>
      師走街 悲喜こもごもの風が吹く  (春風)
      除夜の鐘 御恩御恩と説く余韻  (佳月)
      病んだ母ゆえ別れが辛く とんぼ返りも日が暮れる  (直樹)<送り句>
      失礼な 頷きながら上の空  (千翔)
      尻を叩いた応吟用紙 アッと言う間の年の暮れ  (和憲)<送り句>
      今度こそ 咲かせてみたい句座の花  (耕作)

      以上 三選12章

多選 13章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 08:00 |  安冨冠句会例会
春名豪人 雅伯選

天    ふりかえり 自分史を書け呆けぬ間に  (泉水)
(標目  生きて来た道子等に伝えて)
 追吟  呆けぬ間に財産分与をしておこう

地    気は若い 年は取っても引け取らぬ  (千代子)
(標目  その勢いで負けてはならぬ)

人    ふりかえり 元旦の計守ったか  (新一)
(標目  その時だけですぐに忘れる)

二    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
三    柚子熟れて 赤切れの手母思う  (孝代)
四    失礼な 逆の立場をわきまえず  (善三郎)
五    気は若い リュック背に負い赤い服 (千翔)
六    今度こそ 心機一転力み立ち  (戸楓)
七    愛らしく寒に顔出す蕗のとう  (良春)<折り句 アカフ>
八    師走街 悲喜こもごもの風が吹く  (春風)
九    床の間に初春を迎える福寿草  (和憲)<読み込み 迎>
十    柚子熟れて 柚子風呂もよし味噌もよし  (千代子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  赤いベレーにトレンチコート)
 追吟  老い見せず剣に隠して寒稽古

地    苦も楽も 我が蒔種の因果から  (土筆)
(標目  錆も光も自分持ちかな)

人    迎春の二字の年賀に友は無事  (祥雲)<詠み込み 迎>
(標目  年に一度の恙の知らせ)

二    失礼な なめくじ嗤う蝸牛  (佳月)
三    師走街 弾む心か焦る気か  (善三郎)
四    ひた走る 年に負けじとまだ途中  (哲男)
五    今度こそ 絵間に切実二浪生   (政信)
六    明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)<折り句 アカフ>
七    柚子熟れて 風呂に浮かんだ言い伝え  (和憲)
八    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
九    ひた走る 長く短い人生路  (和憲)
十    句会の日もしも天かと一寸期待  (千代子)<折り句 クモチ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 06:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選

天    苦も楽も 顔に刻んだ老いの笑み  (泉水)
(標目  万感秘めて感謝の日日を)
 追吟  老いの笑み愛と援護に支えられ

地    ふりかえり 孫がねだる場早足で  (恒男)
(標目  笑顔あふれて手招き忙し)

人    梅三分迎春の庭清められ  (千翔)<読み込み 迎>
(標目  初日やさしく春の香包みて)

二    気は若い 老春の味噛み締める  (佳月)
三    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
四    柚子熟れて 持ち味活きて町の顔  (千祥)
五    気は若い されど白髪三千丈  (恒男)
六    悔いは残さず自慢も出来ず アッと言う間の年の暮れ  (佳月)<送り句>
七    除夜の鐘 一瞬無我となる不思議  (善三郎)
八    国のため猛進したが散った友  (奎夫)<折り句 クモチ>
九    柚子揺れて 初冬の空に百舌が鳴く  (奎夫)
十    ひた走る 北京を目指す若駒よ (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    除夜の鐘 御恩御恩と説く余韻  (佳月)
(標目  我欲にかまけついぞ忘れて)
 追吟  説く余韻五濁悪世に響きあれ

地    気は若い 加齢の足を止める趣味  (佳月)
(標目  冷たい冬も雅の花ざかり)

人    苦を積めばものに感謝と知恵を得る  (千翔)<折り句 クモチ>
(標目  物余りの世苦労が足りぬ)

二    除夜の鐘 如来の大悲世に響く  (佳月)
三    苦も楽も持ち方一つ知恵無限  (公三)<折り句 クモチ>
四    明日の道火炎で守る不動尊  (直樹)<折り句 アカフ>
五    苦も軽し文殊菩薩に知恵を借る  (佳月)<折り句 クモチ>
六    朝焼けの斯くも麗し富士の峰  (佳月)<折り句 アカフ>
七    今度こそ 咲かせてみたい句座の花  (耕作)
八    ひた走る 人生末路踏ん張って  (芳英)
九    愛情をかけて育む父母の恩  (春風)<折り句 アカフ>
十    送迎の年の継ぎ目は歌と鐘  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    柚子熟れて 香りただよう風呂あがり  (美好)
(標目  清い香りが家族を包む)
 追吟  風呂あがり柚子の香りの清らかさ

地    師走町 「偽」の一字が総括す  (千翔)
(標目  漢字一字で一年締める)

人    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  気力旺盛ラストスパート)

二    苦を積めばものに感謝と知恵を得る  (千翔)<折り句 クモチ>
三    除夜の鐘 今年も聴ける幸せを  (泉水)
四    何故かせつなくとどめもなくて とんぼ返りも日が暮れる  (美好)<送り句>
五    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
六    苦も楽も 避けて通れぬ人の道  (篤子)
七    苦も楽も 柳は風に逆らわず  (奎夫)
八    ひた走る 虹の彼方に夢を置き  (直樹)
九    インド洋 ねじれで切れた給油管  (佳月))
十    偽装年金薬害つづき アッと言う間の年の暮れ  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    愛のむち必ず宿す福と幸  (耕作)<折り句 アカフ>
  (標目 愛のためなら心を鬼に)
 追吟  福と幸躾が実る親の愛

地    ふりかえり 偽りばかり暗い年  (新一)
  (標目 偽装改ざん老補も落ち目)

人    気は若い 加齢の足を止めた趣味   (佳月)
  (標目 年を気にせず頭脳きたえて)

二    気は若い 年を忘れた恋の道 (新一)
三    失礼な 頷きながら上の空  (千翔)
四    ひた走る 都大路を制覇して   (春風)
五    苦労した餅の老補も地に落ちる (奎夫)<折り句 クモチ >
六    苦も楽も持ちつ持たれず血が通う  (戸楓)<折り句 クモチ >
七    愛しても金がからんでふられたの  (憲應)<折り句 アカフ >
八    明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)<折り句 アカフ >
九    苦も楽も 手を取り合って八十路ゆく  (高男)
十    苦も楽も 味を引き出す十二文字 (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 02:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    苦も楽も 新たなる日の色に染め  (直樹)
(標目  年のはじめの神の鈴振る)
 追吟  色に染め平凡という幸に生く

地    気は若い 我が残照に老い見せず  (高男)
(標目  不老長寿の妙薬を持つ)

人    気は若い 五欲いずれも涸れ切らず  (純一)
(標目  あの世の旅の手土産にする)

二    ふりかえり たぐる年金汗匂う  (純一)
三    ひた走る 光陰のや矢は只無情  (守磨呂)
四    保育所に孫の送迎爺の訳  (良春)
五    明けて春加茂のねずみが福を呼ぶ  (新一)
六    ふりかえり 賀状書きつつ史にひたる  (戸楓)
七    失礼な 金の貯まらぬ耳という  (純一)
八    インド洋 小船が親にエサをやる  (土筆)
九    迎え船母は来ました歌残る  (豪人)
十    目が肥えて 懐痩せる世のならい  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-01-31 01:00 |  安冨冠句会例会