短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      まだ早い 君を帰さぬ青い月  (和憲)

四選   過ぎし日に 蒔いたお陰よ薬の種  (國子)<読み込み 種>
     
      夫婦舟 凪に夕日のシルエット  (恒男)

三選   種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<読み込み 種>
      短冊に 書いた一句に癒されて  (公三)<折り句 タカイ>
      連れが良い お茶も話題も香ばしい  (和憲)
      とりまぜて 色鮮やかなちらし寿司  (國子)
      あの娘すごいが嫁には恐い 口八丁に手八丁  (千代子)<送り句>
      桜鯛 鳴門の潮が旬つくる  (和憲)
      とりまぜて 春を炊き込む五目飯  (佳月)
      九分九厘 勝った勝負で勇み足  (芳英)

      以上 三選8章

多選 11章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 08:00 |  安冨冠句会例会
早柏高男 雅伯選

天    せり落とす金貨二円の夢の額  (哲男)<折り句 セキユ>
(標目  明治は遠く夢まぼろしと)
 追吟  夢の額金貨二円が大当たり

地    唄乗せて これが此の家大黒柱  (戸楓)
(標目  唄で固めて礎築く)

人    桜鯛 瀬戸の入り江に春を呼ぶ  (奎夫)
(標目  大漁旗が港をうめる)

二    関の渓清き流れや夢の里  (奎夫)<折り句 セキユ>
三    宝くじ買って夢見ていつも空  (戸楓)<折り句 タカイ>
四    連れが良い お茶も話題も香ばしい  (和憲)
五    九分九厘 まだまだ遠し道半ば (美好)
六    とりまぜて 五色見事なヒナあられ  (泉水)
七    日脚伸ぶ 小川も唄う花も咲く  (土筆)
八    夫婦舟 一心同体とも舳先  (哲男)
九    唐変木 人の意見に耳もたず  (奎夫)
十    まだ早い スイカ叩いて指の勘  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    日脚伸ぶ 終点の無い四季めぐる  (佳月)
(標目  春夏秋冬待ったなしとて)
 追吟  四季めぐる永久(トワ)に変えるな我が地球(ホシ)よ

地    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<詠み込み 種>
(標目  出番待ってる小さな命)

人    夫婦舟 お年召された両陛下  (佳月)
(標目  平成の世も早二昔)

二    まだ早い 君を帰さぬ青い月  (和憲)
三    宝くじ買って夢見ていつも空  (戸楓)<折り句 タカイ>
四    お水取り 春待つ古都の夜空染め  (耕作)
五    菜の花の川辺彩るこぼれ種   (土筆)<読み込み 種>
六    唄乗せて 観光バスに満つ笑顔  (耕作)
七    連れが良い 気ごころ合って趣味も合い  (土筆)
八    淡淡と語る苦労に意地を見る  (佳月)
九    九分九厘 本物と見た模造品  (良春)
十    齢は思わず今生く幸よ 健康という宝もの  (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 06:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選


天    夫婦舟 凪に夕日のシルエット  (恒男)
(標目  努力と愛で築きし絵巻)
 追吟  シルエット二人の絆融け合って

地    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)<読み込み 種>
(標目  土におろして我子の如く)

人    唄乗せて 春風踊る幼稚園  (篤子)
(標目  未来を繋ぐ児等の育ち行く)

二    連れが良い お茶も話題も香ばしい  (和憲)
三    唐変木 変換削除出来ず老い  (千翔)
四    九分九厘 明日の我が身を知らず生き  (千翔)
五    とりまぜて 甘辛人生喜寿の春  (新一)
六    経つ千歳亀石守る甍葦  (良春)<折り句 タカイ>
七    お水取り 古来伝統脈々と  (土筆)
八    唄乗せて 浮世忘れた最上川  (國子)
九    短冊に書いた一句に癒されて  (公三)<折り句 タカイ>
十    連れが良い 類をもっての集まりで (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選


天    桜鯛 追い込む網に華が咲く  (芳英)
(標目  姿色彩天下一品)
 追吟  花が咲く渦潮パノラマ豪快さ

地    唄乗せて 電波は届く宇宙から  (善三郎)
(標目  月より撮影地球が昇る)

人    日脚伸ぶ たらの芽山椒奥山へ  (戸楓)
(標目  初物求めて長者の暮らし)

二    とりまぜて 甘辛人生喜寿の春  (新一)
三    桜鯛 鳴門の潮が旬つくる  (和憲)
四    連れが良い 趣味で融け合う見ず知らず  (佳月)
五    達人も過酷な試練今がある  (春風)<折り句 タカイ>
六    頼もしい冠句に惹かれ活きる幸  (新一)<折り句 タカイ>
七    人生の喜怒哀楽は種にある  (耕作)<読み込み 種>
八    とりまぜて 色鮮やかなちらし寿司  (國子)
九    蒔かぬ種根強く伸びる春の畑   (春風)
十    唄乗せて 宴会はずむ手拍子に  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    日脚伸ぶ 病の身にも風光る  (孝代)
(標目  春の日差しに心やわらぐ)
 追吟  風光るベットから見る山の色

地    切なさや君への思い揺れ動く  (篤子)<折り句 セキユ>
(標目  純な気持ちで夜も寝られず)

人    夫婦舟 嵐の海もあったけど  (純一)
(標目  火花散らした過去の思いで)

二    差し出す手愛の種蒔くボランティア  (孝代)<詠み込み 種>
三    身体活かして心もひろく 口八丁に手八丁  (戸楓)<送り句>
四    まだ早い 君を返さぬ青い月  (和憲)
五    とりまぜて 大風呂敷に夢を乗せ  (直樹)
六    唐変木 我が世の春を貫いて  (和憲)
七    連れが良い 価値観同じ惚れた人  (孝代)
八    唄乗せて 眠りをさそう母の声  (春風)
九    種蒔きて待つもの一つ増えし日々   (純一)<読み込み 種>
十    唐変木 何とも云えぬ味がする  (美好)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    大切な 介護の仕事いい笑顔  (耕作)
  (標目 わが病床にすがる光りを)
 追吟  いい笑顔薬にまさるそのしぐさ

地    桜鯛 瀬戸の朝市色を添え  (春風)
  (標目 活気みなぎる春の浜辺に)

人    まだ早い 隠居するのは米寿から   (千代子)
  (標目 引退はない農に定年)

二    助けられ担ぎ込まれて今がある  (孝代)<折り句 タカイ>
三    日脚伸ぶ 一雨毎に木々芽吹き  (高男)
四    高い医療費払わず済んで 健康と言う宝もの   (芳英)<送り句>
五    親にもらった丈夫な体 健康と言う宝もの (善三郎)<送り句>
六    年は取ってもその場を仕切る 口八丁に手八丁  (公三)
七    連れがよい 村捨て切れぬ顔揃う  (純一)
八    お水取り 奈良の夜空に降る火の粉  (春風)
九    まだ早い お迎え来たら追い返せ   (新一)
十    連れがよい 気心合って趣味も合い (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 02:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    夫婦舟 絆に勝る涛は無い  (和憲)
(標目  縁ならばこそ愛あらばこそ)
 追吟  涛は無い明鏡止水春の波

地    唄乗せて つぶやく如く豆を選る  (純一)
(標目  収穫を掌に心満つ日よ)

人    過ぎし日に蒔いたお陰よ楽の種  (國子)<詠み込み 種>
(標目  因果はめぐる応報の徳)

二    夫婦舟 命預けし二輪草  (孝代)
三    連れが良い 悪友ですと呼べる仲  (政信)
四    とりまぜて 思い出を着る更衣  (純一)
五    唄乗せて 赤ん坊寝る乳母車  (良春)
六    まだ早い 老いの残照謳歌して  (新一)
七    九分九厘 明日の我が身を知らず生き  (千翔)
八    連れが良い 村捨て切れぬ顔揃う  (純一)
九    種袋 振れば命の音さらり  (直樹)
十    花鳥風月愛せる冥利 健康と言う宝物  (春風)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-04-24 01:00 |  安冨冠句会例会