短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      花粉飛ぶ 我がふる里は過疎になる  (公三)

三選   昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)     
      お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
      花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
      貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<詠み込み 城>
      蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
      未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)<折り句 ミナト>
      忍び寄る加齢の時刻は待ったなし  (佳月)<折り句 シカマ>
      昭和史の悲しい過去が未だ癒えず  (泉水)<折り句 シカマ>
      背伸びして 雨後の筍旬逃がす  (泉水)
      馬があう お金で買えぬ宝物  (耕作)
      ふわふわと 母に掛けるや羽根布団  (國子)
      ふわふわと 総理個性も棘もなし  (佳月)
      夜空冴え古城が似合う月に雲  (耕作)<読み込み 城>
      凭れ合う 貧者の募金世を照らす  (祥雲)
      花粉飛ぶ 容赦しません美人とて  (和憲)
      背伸びして 少し嘘まぜアンケート  (千翔)

      以上 三選16章

多選 17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 08:00 |  安冨冠句会例会
早柏高男 雅伯選

天    背伸びして 雨後の筍旬逃す  (泉水)
(標目  桐は栄える桔梗は枯れる)
 追吟  旬逃す待てば海路の日和あり

地    凭れ合う 手本を示す人一字  (佳月)
(標目  象形文字が示す世渡り)

人    水の花浪華の春や通り抜け  (純一)<折り句 ミナト>
(標目  金は無くとも風流好きで)

二    昭和の日 歴史が語る走馬灯  (新一)
三    花粉飛ぶ 我がふる里は過疎になる  (公三)
四    蜜を吸う 甘い汁には悪が寄る  (千翔)
五    ふわふわと 愛を包んだ柏餅  (佳月)
六    馬があう 男の友情永久に生き  (新一)
七    満ち足りて 戦前戦中偲ばれる  (戸楓)
八    花吹雪 人知れず散る山桜  (奎夫)
九    お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
十    花粉飛ぶ 山から里へと舞い降りる  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    満ち足りて 苦を乗り越えた笑いじわ  (泉水)
(標目  喜怒哀楽もすでに幻影)
 追吟  笑いじわ男の顔は即履歴

地    見掛けより何が大事と説く教え  (耕作)<折り句 ミナト>
(標目  ボロは着てても心は錦)

人    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
(標目  舞台は廻るどんでん返し)

二    忍び寄る加齢の時刻は待ったなし  (佳月)<折り句 シカマ>
三    お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
四    花吹雪 刹那惜別風無常  (和憲)
五    昭和史の悲しい過去が未だ癒えず   (泉水)<折り句 シカマ>
六    昭和の日 靖国眠る世は騒ぐ  (孝代)
七    凭れ合う 人と言う字の重み知る  (新一)
八    背伸びして 欲が顔出す巻開き  (和憲)
九    蜜を吸う 聞き捨てならぬ天下り  (佳月)
十    三島宿情に泣いて解かす雪  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 06:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選


天    凭れ合う 人と言う字に教えられ  (泉水)
(標目  支えられつつ支えることも)
 追吟  教えられ足取り軽しボランティア

地    お揃いで 華燭の宴睦まじく  (恒男)
(標目  永久の契に幸多かれと)

人    未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)
(標目  世界の期待日本背負って)

二    城下町過去へ思いを馳せてみる  (孝代)<読み込み 城>
三    凭れ合う ガソリン税の泣き笑い  (哲男)
四    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
五    満ち足りて 日々平凡に生きる幸  (直樹)
六    蜜を吸う 花と遊んだ昭和の子  (純一)
七    花吹雪 少子高齢どう裁く  (直樹)
八    ふわふわと 人の心が地につかず  (新一)
九    花粉飛ぶ 容赦しません美人とて  (和憲)
十    夫婦舟波に揉まれて共白髪 (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 05:00
村上千翔 雅伯選

天    花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
(標目  刹那幸せ生きてる証)
 追吟  置き土産やさしく論す親の愛

地    貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<読み込み 城>
(標目  背伸びあくびも我が天下なり)

人    お揃いで 笑顔素敵な両陛下  (和憲)
(標目  お健やかなれ民は安らぐ)

二    馬があう お金で買えぬ宝物  (耕作)
三    花でほめ月で魅せます白鷺城  (泉水)<読み込み 城>
四    昭和の日 礎となり高齢に  (春風)
五    花粉飛ぶ 元を正せば人にある (善三郎)
六    蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
七    凭れ合う 人と言う字の重み知る  (新一)
八    花吹雪 美と感動が詩を生む  (耕作)
九    満ち足りて やさしい気持ちになれる日々  (國子)
十    背伸びして 目標高く功成らず  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 04:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    凭れ合う 目立つことなき花ゆえに  (直樹)
(標目  陰でひっそり肩寄せ合う)
 追吟  花ゆえに寄り添って咲くけなげなさよ

地    満ち足りて ハードル越えた老いの自負  (和憲)
(標目  老いの目標自身採点)

人    花吹雪 有終の美を置き土産  (佳月)
(標目  最後斯くあれ花は教える)

二    ふわふわと ニートに聴かす労働歌  (和憲)
三    昭和史の悲しい過去がまだ癒えず  (泉水)<折り句 シカマ>
四    譲れない家事のこだわり主婦の城  (謙一郎)<読み込み 城>
五    ふわふわと 軌道に乗って任果す  (春風)
六    昭和の日 ああ懐かしい友の顔  (公三)
七    満ち足りて 何故世間荒みゆく  (政信)
八    未知の宙謎を尋ねて飛ぶカグヤ  (政信)<折り句 ミナト>
九    背伸びして 詩の彼岸がまだ見えぬ   (高男)
十    酒は魔物か不思議な水か 酔えば飛び出す隠し芸  (新一)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 03:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    満ち足りて 花も笑顔の水加減  (哲男)
  (標目 切るに切られず花挟み持つ)
 追吟  水加減後は肥料の匙加減

地    蜜を吸う 談合列島花盛り  (和憲)
  (標目 役人ばかり甘い汁吸う)

人    昭和の日 誰もが泣いた敗戦日   (土筆)
  (標目 あの日あの時涙忘れじ)

二    夜空冴え古城が似合う月に雲  (耕作)<詠み込み 城>
三    夏草に古城を偲ぶ夢のあと  (奎夫)<詠み込み 城>
四    見た目にも並の栫え嫁ぐ娘に   (善三郎)<折り句 ミナト>
五    未来まで仲良く行こう遠くとも (祥雲)<折り句 ミナト>
六    花粉飛ぶ 被害黄砂の上をゆく   (政信)
七    満ち足りて 熟年楽し趣味に生き  (奎夫)
八    花吹雪 散り際見事桜花  (守麻呂)
九    花吹雪 桜と共に散った恋   (孝代)
十    死にそうと簡単に言うまだ早い (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 02:00 |  安冨冠句会例会
広岡佳月 宗匠選

天    お揃いで 夫と私の若狭箸  (高男)
(標目  ちりとてちんと暮らす喜び)
 追吟  若狭箸やきもちを妬く喉仏

地    貧しいが自分の城が世界一  (芳英)<詠み込み 城>
(標目  誰に遠慮の要らぬ嬉しさ)

人    満ち足りて 苦を乗り越えた笑いじわ  (泉水)
(標目  苦労の肌に余生楽しく)

二    昭和の日 神の国から人の国  (善三郎)
三    花粉飛ぶ 我がふる里は過疎になる  (公三)
四    馬があう 距離の取り方うまい人  (謙一郎)
五    民主主義何が自由か取り違え  (篤子)<折り句 ミナト>
六    辛抱は金だというが間に合わず  (善三郎)<折り句 シカマ>
七    蜜を吸う 手放しません道路税  (謙一郎)
八    背伸びして 総裁決めた冷めた椅子  (和憲)
九    昭和の日 日本が変わる終戦後  (芳英)
十    ふわふわと ニートに聴かす労働歌  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-05-29 01:00 |  安冨冠句会例会