短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

安富冠句会 平成20年6月紫水杯(多選之部)
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)

四選   誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>    
      恋いかしら 燃える心に年齢はなし  (新一)
      糠に釘 諭して聞かぬへそ曲がり  (哲男)

三選   恋いかしら 言わず語らず目が動く  (善三郎>
      予想外 カド番力士優勝す  (泉水)
      衣更え 老いは着もせず捨てもせず  (佳月)
      待望の産声聞いて笑顔出る  (芳英)<折り句 タウエ>
      駆け込んで 命繋いだ脱北者  (直樹)
      泣くものか 今日が終われば明日が来る  (篤子)
      茶摘み唄 初夏の絵になり香も添えて  (泉水)
      泣くものか 後期高齢強く生き  (良春)
      もう一度 上座の壁はほろ苦い  (和憲)
      駆け込んで 球は後から三塁打  (戸楓)
      予想外 被害甚大四川省  (守麻呂)

      以上 三選11章

多選 15章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 08:00 |  安冨冠句会例会
早柏高男 雅伯選

天    カーネーション 贈る母ある有難さ  (孝代)
(標目  長生きをすれば後期高齢)
 追吟  有難さ語る言葉に血がかよう

地    茶摘み唄 乗せて若葉の風薫る  (春風)
(標目  富士は見ている聞こえています)

人    泣くものか 嫁ぐ我が子の晴れ姿  (直樹)
(標目  坐り直して三つ指ついて)

二    予想外 カド番力士優勝す  (泉水)
三    糠に釘 拉致を認めぬ北の国  (芳英)
四    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
五    慈愛受けすくすく育て青き芽よ  (直樹)<読み込み 芽>
六    もう一歩 流す涙で夏誓う  (耕作)
七    恋いかしら 縺れる蝶が空に舞う  (國子)
八    飛びついて 復員の子に泣いた母  (佳月)
九    衣更え 季節先取り百貨店  (政信)
十    駆け込んで テープ切る子のVサイン  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 07:00 |  安冨冠句会例会
安原純一 雅伯選

天    予想外 「有難とう」の声返る  (耕作)
(標目  これを言われて怒る人無し)
 追吟  声返る山彦楽し二重奏

地    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
(標目  サミット近し乞うは御期待)

人    初夏の風森の若葉が肩揺らす  (孝代)<読み込み 芽>
(標目  若葉手拍子アンコールかな)

二    カーネーション 仏花に添えて母に会う  (政信)
三    恋いかしら 否定しないわそうかもよ  (土筆)
四    種蒔いて初芽楽しむ畠仕事  (祥雲)<読み込み 芽>
五    茶摘み唄 絣たすきで世に残り   (良春)
六    飛びついて 孫三才のおもてなし  (公三)
七    泣くものか 逢えば別れる世のならい  (千翔)
八    三光へ連れと楽しく競う句座  (佳月)<折り句 サツキ>
九    駆け込んで 球は後から三塁打  (戸楓)
十    予想外 案外弱い巨人軍  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 06:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選


天    カーネーション 仏花に添えて母思う  (春風)
(標目  胸中深く面影偲ぶ)
 追吟  母想うほのほのとして懐かしや

地    泣くものか 耐える根性戦中派  (新一)
(標目  たとえ転ぼと只では起きぬ)

人    駆け込んで 金振り込むな先ず疑念  (政信)
(標目  詐欺に用心平常心で)

二    茶摘み唄 新芽香ばし初夏の風  (新一)
三    衣更え 緑千里を濃く淡く  (千翔)
四    糠に釘 不安と無視の介護税  (良春)
五    もう一歩 届かぬ夢追いかける  (謙一郎)
六    駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)
七    恋いかしら 燃える心に年齢はなし  (新一)
八    若葉燃え野山活気の皐月晴  (奎夫)<読み込み 芽>
九    山河映ゆ月の光や清き里   (治子)<折り句 サツキ>
十    誰がために憂う地球にエコの鐘  (直樹)<折り句 タウエ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 05:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選


天    泣くものか 浮世の風が沁みる夜  (和憲)
(標目  懐いは馳せる亡夫在りし日を)
 追吟  沁みる夜心鎮めて合掌す
地    飛びついて 落ちた蛙は齢知る  (佳月)
(標目  再度チャレンジ若さの秘訣)

人    衣更え 山の雪解け雷鳥も  (芳英)
(標目  自然に馴染む色に身を染め)

二    恋いかしら 言わず語らず目が動く  (善三郎)
三    カーネーション 白い花びら母恋いし  (恒男)
四    さりげなくついて来いよの決め台詞  (哲男)
五    飛びついて 泣く子も眠る母の愛  (治子)
六    予想外 雅友の難病案じつつ  (佳月)
七    糠に釘 老いの読書はすぐ抜ける  (千翔)
八    糠に釘 拉致を認めぬ北の国  (芳英)
九    もう一歩 流す涙で夏誓う  (耕作)
十    大気の芽次の五輪へ流す汗 (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 04:00 |  安冨冠句会例会
村上千翔 雅伯選

天    泣くものか やがて陽の射す時を待つ  (新一)
(標目  負けてはならぬ歯を食いしばる)
 追吟  時を待つその修業は辛いもの

地    宝船運と七福笑顔乗せ  (高男)<折り句 タウエ>
(標目  家庭円満声もほがらか)

人    もう一歩 踏み出す勇気前途有る  (孝代)
(標目  希望の光この手に掴む)

二    もう一歩 届かぬ票のもどかしさ  (奎夫)
三    花も散り木々は芽吹いて山笑う  (高男)<読み込み 芽>
四    カーネーション 日ごろの感謝花を添え  (新一)
五    泣くものか 風雪耐えた風見酉 (哲男)
六    衣更え 若葉青葉と時移る  (公三)
七    衣更え 若葉まといて四方の山  (國子)
八    茶摘み唄 乗せて若葉の風薫る  (春風)
九    駆け込んで 暫定税が風を切る  (和憲)
十    駆け込んで 有終の美のテープ切る  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 03:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    泣くものか 浮世の風が沁みる夜  (和憲)
(標目  同じ夢見る涙枯れても)
 追吟  沁みる夜明日を夢見て安らかに

地    誰がために憂う地球にエコの風  (直樹)<折り句 タウエ>
(標目  地球環境人の努力で)

人    衣更え 老いは着もせず捨てもせず  (佳月)
(標目  服はあれどもオシャレ気はなし)

二    泣くものか 今日が終われば明日が来る  (篤子)
三    駆け込んで 暫定税が堰を切る  (和憲)
四    糠に釘 いつも笑顔で従わず  (和憲)
五    青い地球は人類次第 温暖、年金、拉致、ギョウザ  (春風)<送り句>
六    耐え忍ぶ浮世は辛し会者定離  (和憲)<送り句 タウエ>
七    もう一歩 やれば出来ると踊らされ  (孝代)
八    飛びついて 落ちた蛙は齢を知る  (佳月)
九    守る伝統見事な技術 姫路菓子博2008  (高男)<送り句>
十    恋いかしら 気になる人と居て無口  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 02:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    泣くものか 苦難の道も男なら  (祥雲)
  (標目 握り拳に男の意地が)
 追吟  男なら歯をくいしばり強く生き

地    恋いかしら 言わず語らず目が動く  (善三郎)
  (標目 黙っていても以心伝心)

人    支え合い連れ添い老いて喜寿迎う   (耕作)<折り句 サツキ>
  (標目 米寿白寿と笑顔で余生)

二    もう一歩 やれば出来ると踊らされ  (孝代)
三    恋いかしら 想いを込めた眼に出逢う  (千翔)
四    もう一歩 涙を呑んだ金メダル   (哲男)
五    予想外 それが醍醐味スポーツは (謙一郎)
六    予想外 仏になった落ちこぼれ   (美好)
七    どの芽にも遺伝子宿るその不思議  (善三郎)<読み込み 芽>
八    待望の産声聞いて笑顔出る  (芳英)<折り句 タウエ>
九    札束を積んで談合今日も又   (和憲)<折り句 サツキ>
十    さりげなくつき合い別れ君恋し (美好)<折り句 サツキ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-06-26 01:00 |  安冨冠句会例会