短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      紙兜 折れば昭和が甦る  (純一)

四選   アホかいな 大阪弁に棘はなし  (政信)

三選   耕して 磨けばこころ尚ひかる (千翔)
      母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
      ほろ苦い 抜けば冷たくなる指輪  (千翔)
      ほろ苦い 恋の未練を水で割る (和憲)
      目で合図 夫婦連れ添い五十年  (芳英)
      ほろ苦い 屋台の酒に聞かす愚痴  (和憲)
          

      以上 三選6章


多選 8章でした。今回も多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 08:00 |  安冨冠句会例会
平松直樹 雅伯選

天    悠々と 大器晩成夢が舞う  (新一)
(標目  やっと芽が出た苦労の涙)
 追吟  夢が舞う我を支えし妻ありて

地    茶の香り 冠句の文化が過疎包む  (耕作)
(標目  百年醸した良き香り)

人    照る日曇る日労り合って 二人で歩む夫婦仲  (新一)<送り句>
(標目  長い人生共に寄り添い)

二    母の詩 記憶は遠きやさし声  (春風)
三    定めかと介護空しく泣く夕べ  (春風)<折り句 サカナ>
四    七十路坂五尺の命いとほしむ  (純一)<読み込み 五>
五    やさしさにささえこられて今がある   (孝子)<折り句 ヤサイ>
六    退院し五臓六腑に染みる酒  (芳英)<読み込み 五>
七    茶の香り 暫し正座の奥座敷  (公三)
八    天と地と 自然崇拝輪の心  (美好)
九    少し嬉しい財布の隙間 物議醸した給付金  (和憲)
十    目で合図 賛否問われる会議室  (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 07:00 |  安冨冠句会例会
広岡和憲 雅伯選

天    天と地と 暫し別れの定め生き  (孝代)
(標目  祇園精舎の鐘の音寂し)
 追吟  定め生き釈迦は無常を説いていた

地    ほろ苦い 世は様々の給付金  (善三郎)
(標目  ここは素直に貰いましょう)

人    病む地球 しばし忘れて桜咲く  (雅城)
(標目  青い地球にめぐる四季あり)

二    耕して 農に汗かく母が好き  (直樹)
三    母の詩 夢で聞きます子守唄  (雅城)
四    ほろ苦い 別れし夜の缶ビール  (直樹)
五    茶の香り 暫し正座の奥座敷  (公三)
六    悠々と 詩を伴侶に里暮らし  (直樹)
七    天と地と 人に生まれて生きる幸  (直樹)
八    紙兜 折れば昭和が甦る  (純一)
九    ほろ苦い 抜けば冷たくなる指輪  (千翔)
十    五條橋月に牛若笛澄める  (千翔)<読み込み 五>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 06:00 |  安冨冠句会例会
有末政信 雅伯選

天    耕して 四角四面の田となりぬ  (孝子)
(標目  あるやなしやの境界見えて)
 追吟  田となりぬもう雑草は許すまじ

地    策つきて借りる教訓茄子の花  (千翔)<折り句 サカナ>
(標目  理解し易すい格言標語)

人    紙兜 折紙文化子に伝え  (良春)
(標目  目を輝かせ母さんすごい!)

二    母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
三    アホかいな 一言だけで済むものを  (和憲)
四    少し嬉しい財布の隙間 物議醸した給付金  (和憲)
五    皇室に嫁がれも早五十年  (孝代)<読み込み 五>
六    茶の香り 阿吽が三時告げている   (和憲)
七    ほろ苦い 青春日記紐解いて  (公三)
八    目で合図 言わぬが花よ声出して  (孝代)
九    病む地球 自然破壊の付けが来た (哲男)
十    耕して 春の生命の鼓動聞く  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    策つきて借りる教訓茄子の花  (千翔)<折り句 サカナ>
(標目  世の体験者無駄骨折らぬ)
 追吟  茄子の花今年も元気紫紺の実

地    母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
(標目  我が胸中に母は健在)

人    茶の香り その家その屋にある個性  (政信)
(標目  新茶の仕込み家中漂う)

二    紙兜 爺が折り上ぐ新聞紙  (戸楓)
三    耕して 棚田水張り月写す  (豪人)
四    アホかいな いいえ凄いよ寛平ちゃん  (雅城)
五    耕して 健康維持の畑仕事  (良春)
六    母の詩 郷愁誘う童うた  (篤子)
七    病む地球 贅沢馴れた人のエゴ  (孝代)
八    授かった冠句一筋波に乗り  (新一)<折り句 サカナ>
九    山萌えて早苗のなびく田舎道  (春風)<折り句 ヤサイ>
十    山裾をさらさら流る石清水  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 04:00 |  安冨冠句会例会
太田春風 雅伯選

天    悠々と 大器晩成夢が舞う  (新一)
(標目  こつこつ積んだ努力の華が)
 追吟  夢が舞う 涙と汗の華ひらき

地    病む地球 エコ対策が後手になり  (哲男)
(標目  緑増やして共存願う)

人    母の詩 郷愁誘う童うた  (篤子)
(標目  竹馬の友や今いずこにか) 

二    耕して 磨けば心尚ひかる  (千翔)
三    病む母の再入院に胸痛む  (直樹)<折り句 ヤサイ>
四    耕して 過去を清算立ち上がる  (恒男)
五    最果ても叶うテレビの生放送  (土筆)<折り句 サカナ>
六    主を迂回し諭吉は妻へ 物議醸した給付金  (孝代)<送り句>
七    茶の香り 茶筅の動き雅の心  (新一)
八    ほろ苦い 女心はデリケート  (千賀子)
九    アホかいな 夫婦も薹(とう)が立って来て  (泉水)
十    五月雨に町花アジサイあざやかに  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 03:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    母の詩 遺影が語る愛の声  (新一)
(標目  朝な夕なに母の面影)
 追吟  愛の声心に残る母の唄

地    天と地と 人に生まれて生きる幸  (直樹)
(標目  空も大地も人に希望を)

人    ほろ苦い 恋の未練を水で割る  (和憲)
(標目  辛い思いを暗い酒場で)

二    病む母が差し出すお金いじらしい  (芳英)<折り句 ヤサイ>
三    悠々と 浮世の風に流されず  (春風)
四    ほろ苦い 男の過去のうす汚れ  (純一)
五    母の詩 昔だかれて今背負う  (哲男)
六    山と川坂も乗り越え今がある  (公三)<折り句 ヤサイ>
七    退院し五臓六腑に染みる酒  (芳英)<読み込み 五>
八    病む地球 人を裁くか処方箋  (恒男)
九    四捨五入我が人生は四捨ばかり  (政信)<読み込み 五>
十    紙兜 夢折り込んだ新聞紙  (泉水)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 02:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    ほろ苦い 上司相手に呑むお酒  (豪人)
(標目 付き合い酒に計る潮時)
追吟  呑むお酒今日の相手は酔えもせず

地    母の詩 昔だかれて今背負う  (哲男)
(標目 はっとしているこの軽さには)

人    耕して 土の匂いに引き込まれ   (新一)
(標目 鍬を持つ手に思わず笑顔)

二    耕して 農に汗かく母が好き  (直樹)
三    山と川坂も乗り越え今がある  (公三)<折り句 ヤサイ>
四    病む母が差し出すお金いじらしい   (芳英)<折り句 ヤサイ>
五    八十路坂支え合いこそ生きる道 (耕作)<折り句 ヤサイ>
六    栄え行く家族皆んなが悩みなし  (哲男)<折り句 サカナ>
七    さりげなく交わす会釈の和む笑み  (孝代)<折り句 サカナ>
八    天と地と 不況の波に浮き沈み  (千賀子)
九    天と地と 石一つにも静と動  (千祥)
十    ほろ苦い 妻の一言呑み過ぎよ (豪人)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 01:00 |  安冨冠句会例会