短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      誘い込む 鮎の友釣り川開き  (泉水)

三選   追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
      軒の鈴仏が鳴らす風の盆  (和憲)<読み込み 風>
      職探し 企業まわりで今日も暮れ (春風)
      B29 老は語らず子は知らず  (純一)
      無事願う 嫁ぎゆく娘の背に祈る  (雅城)
      丁度よい うさぎの私亀の夫  (千賀子)
      太く短く輝く命 夜空に咲かす大花火  (孝代)<送り句>
      丁度よい 糠漬の茄子食そそる  (春風)
      誘い込む 相撲巡業触れ太鼓  (雅城)
      誘い込む 花は密出し蜂や蝶  (豪人)
      メールあり 味も素っ気もない息子  (公三)
            
      以上 三選11章
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 08:00 |  安冨冠句会例会

平松直樹 雅伯選

天    無事願う 戌の日締める岩田帯  (和憲)
(標目  元気な孫の顔みたい)
 追吟  岩田帯安産祈る母の愛

地    夏祭り繋ぐ百の燈山が浮く  (千翔)<送り句 ナツヤ>
(標目  精霊送る火の眩し)

人    甲子園 勝者敗者に光る夏  (和憲)
(標目  青春の汗はみな宝)

二    御中元 心遣いが嬉しくて  (芳英)
三    すがすがし見返り富士が虹に浮く  (良春)<折り句 スミニ>
四    B29 耐えて偲んだ終戦日  (和憲)
五    お国訛りが飛び交うお盆 町が昔の顔になる   (和憲)
六    農日誌 土にふれあう父ひとり  (千賀子)
七    初の盆 亡父の意外な裏話  (芳英)
八    職探し 一家担った背な重し  (泉水)
九    誘い込む 赤いネオンのある魅力  (和憲)
十    丁度よい 紙に馴染んだ筆の先  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 07:00 |  安冨冠句会例会
広岡和憲 雅伯選

天    初の盆 身内一つの墓に寄す  (泉水)
(標目  仲良くしてます遺言通り)
 追吟  墓に寄す心ひとつに阿弥陀仏

地    職探し 金の卵は夢の夢  (政信)
(標目  上野に向う就職列車)

人    農日誌 四季こまごまと宝帳  (千翔)
(標目  万年豊作願って止まぬ)

二    追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
三    無事願う 人歩む道人として  (千翔)
四    職探し 私は生きてゆく途中  (純一)
五    初の盆 親はみ仏客となる  (千翔)
六    丁度よい うさぎの私亀の夫  (千賀子)
七    甲子園 万の視線に湧く歓呼  (耕作)
八    秋の空風の芸術雲絵画  (哲男)
九    無事願う 自立の空へ青い鳥  (公三)
十    時は今風を読み合う永田町  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 06:00 |  安冨冠句会例会
有末政信 雅伯選

天    初の盆 香煙ゆれる蝉しぐれ  (恒男)
(標目  身内集えどやっぱり寂し)
 追吟  蝉しぐれ賑やか好きな母でした

地    職探し 馴染みの顔が多くなり  (善三郎)
(標目  せめて挨拶明るく交わす)

人    B29 今なお残る不発弾  (直樹)
(標目  いつまで続く尚負の遺産)

二    風鈴にしのぶの緑夏の景  (千翔)<読み込み 風>
三    初の盆 飾ればかざる程寂し  (純一)
四    ドカンと一発ぶっ飛べ不況 夜空に咲かす大花火  (新一)<送り句>
五    御中元 貰ってうれしい品送る  (良春)
六    B29 老は語らず子は知らず   (純一)
七    無事願う 笑顔やさしき両陛下  (純一)
八    農日誌 親子二代に引き継がれ  (孝子)
九    丁度よい うさぎの私亀の夫 (千賀子)
十    メールあり 夫を使う買い忘れ  (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 05:00 |  安冨冠句会例会
松井土筆 雅伯選

天    澄んだ滝水にやさしく虹のあや  (千翔)<折り句 スミニ>
(標目  轟音冷気身の引き締まる)
 追吟  虹のあや木洩れ日飛沫あいまって

地    初の盆 秀句偲んで佳月の忌  (雅城)
(標目  宗匠遺徳我等が胸に)

人    軒の鈴仏が鳴らす風の盆  (和憲)<読み込み 風>
(標目  我れに知らすかかそけき音色)

二    丁度よい 老いて散歩と詩の道  (直樹)
三    初の盆 親はみ仏客となる  (千翔)
四    甲子園 万の視線に湧く観呼  (耕作)
五    農日誌 値千金四季をよむ  (千翔)
六    追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
七    虫の声風鈴唱和静かなる  (戸楓)<読み込み 風>
八    隙あらばミサイル発射日本海  (豪人)<折り句 スミニ>
九    丁度よい 孫をおだてて踏ます腰  (政信)
十    御中元 義理をあげたり貰ったり  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 04:00 |  安冨冠句会例会
村上千翔 雅伯選

天    メールあり 宇宙基地から元気だよ  (耕作)
(標目  人の頭脳は底知れぬなり)
 追吟  元気だよ夢は大きく未来へと

地    世間知る風の冷たさ身にしみる  (雄飛)<読み込み 風>
(標目  元気出そうよ日は又昇る)

人    夕涼み風鈴の音に虫の声  (耕作)<読み込み 風>
(標目  星もきらきら平和そのもの)

二    甲子園 感動残し夏果てる  (純一)
三    職探し シルバー厳しい不況風  (良春)
四    甲子園 青春ドラマ暑い夏  (恒男)
五    農日誌 反省もあり至福あり (善三郎)
六    高い技量で観客湧かす 夜空に咲いた大花火  (土筆)<送り句>
七    初の盆 香煙ゆれる蝉しぐれ  (恒男)
八    誘い込む 軍艦マーチ銀の玉  (清)
九    追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
十    御中元 平穏無事を感謝して  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 03:00 |  安冨冠句会例会
小林善三郎 雅伯選

天    初の盆 乗せて帰れよ茄子の馬  (和憲)
(標目  夢はペガサス箸の足でも)
 追吟  茄子の馬見れば見るほどいとおしい

地    好きだよと見つめ合ってる二輪草  (公三)<折り句 スミニ>
(標目  花も互いに愛の表現)

人    職探し 肩に重荷の汗をかく  (孝子)
(標目  家族背負った肩が重い)

二    名残惜し亡夫の形見の嬰を抱く  (直樹)<折り句 ナツヤ>
三    明日は明日今吹く風に乗る私  (和憲)<読み込み 風>
四    無事願う 嫁ぎゆく娘の背を祈る (雅城)
五    無事願う 拉致に非常の日が過ぎる  (和憲)
六    農日誌 余白かあんしや友逝きぬ  (土筆)
七    職探し 明日も歩けと万歩計  (千賀子)
八    メールあり 指示はやさしく妻の旅  (泉水)
九    B29 老いは語らず子は知らず  (純一)
十    太く短く輝く命 夜空に咲かす多花火  (孝代)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 02:00 |  安冨冠句会例会
山口泉水 宗匠選

天    時は今風を読み合う永田町  (善三郎)<読み込み 風>
(標目 冷や汗ぞくぞく票の行方に)
追吟  永田町お盆どころじゃない暮らし

地    済んだこと未練がましく二度三度  (善三郎)<折り句 スミニ>
(標目 耳をふさいで説教を聞く)

人    初の盆 読経の声も沈みがち   (良春)
(標目 ローソクの灯もまた沈みがち)

二    農日誌 栽培管理ぬかりなく  (良春)
三    職探し 企業まわりで今日も暮れ  (春風)
四    御中元 心を込めて品定め   (春風)
五    御中元 心配りか計算か (恒男)
六    千の風弥陀の浄土に花の舞  (新一)<読み込み 風>
七    夕涼み風鈴の音に虫の声  (耕作)<詠み込み 風>
八    職探し 不況の風はまだ続く  (春風)
九    丁度よい 糠漬の茄子食そそる  (春風)
十    メールあり 夫婦喧嘩の種になり (雅城)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 01:00 |  安冨冠句会例会