短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

タグ:紫水杯 ( 39 ) タグの人気記事

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      紙兜 折れば昭和が甦る  (純一)

四選   アホかいな 大阪弁に棘はなし  (政信)

三選   耕して 磨けばこころ尚ひかる (千翔)
      母の詩 思い出だけを置き去りに  (直樹)
      ほろ苦い 抜けば冷たくなる指輪  (千翔)
      ほろ苦い 恋の未練を水で割る (和憲)
      目で合図 夫婦連れ添い五十年  (芳英)
      ほろ苦い 屋台の酒に聞かす愚痴  (和憲)
          

      以上 三選6章


多選 8章でした。今回も多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-05-28 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  三選  
    
      花言葉 愛は千慮の上に立つ  (耕作)

三選   花に酔う 風ありて佳し無くてよし  (純一)
      激しさに泣いた稽古が実る明日 (雅城)<折り句 ハナミ>
      良い返事 やっと我が家に灯が点る  (耕作)
      よい返事 合わす歩幅に歌が湧く  (和憲)
      花に酔う 一句詠みたい回り道 (千翔)
      四月馬鹿 笑えるものにしておこう  (清)
      良い返事 口の揃った聞き合わせ  (千翔)
      夢語る 胸に秘めたる志  (純一)
      四月馬鹿 いつも乗る人乗せる人  (千賀子)

          

      以上 三選9章

多選 10章でした。今回も多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-04-30 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      終電車 悲喜こもごもに今日終わる  (良春)

四選   勤め終え余生は農に腰を入れ  (公三)<読み込み 腰>

三選   受け止めて茨の道も諦めず  (芳英)<折り句 ウイア>
      身を捨てて 散りにし人の数知れず (善三郎)
      紙一重 拍手の天に地の惜しい  (孝代)
      上向いて生きる努力に明日がある (耕作)<折り句 ウイア>
      台所 そこは我が家の司令塔  (善三郎)
      開巻日老いも若きも笑顔見せ  (和憲)<折り句 カオエ>
      春彼岸 心柔らぎ水ぬるむ  (雅城)
      内緒事 女の感に歯が立たぬ  (公三)
      紙一重 意志の強さと頑固者  (芳英)
      通い合うお前あなたで描く夢  (公三)<折り句 カオエ>
    

      以上 三選10章

多選 12章でした。今回も多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-03-26 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      白い冬 山河声なし霧の朝  (純一)

四選   白い冬 釧路原野に鶴の舞い  (雅城)

      福の神 真面目に生きる人が好き  (直樹)

三選   種の芋 軒端にあれど爵位あり  (純一)<折り句 タノシ>
      羞恥心 大和のこころ奥ゆかし (美好)
      ユーモア句 センスが滲むお人柄  (良春)
      朝寝坊 俺を起こさぬ羽根布団 (和憲)
      福の神 努力重ねて廻り逢う  (守麻呂)
      日向ぼこ 極楽行きの舟を漕ぐ  (和憲)
      新年会 一芸披露株上がる  (千賀子)
      志望校 夢に向かった設計図  (哲男)
      羞恥心 ほのかに見せて渡すチョコ  (春風)
    
      以上 三選9章

多選 12章でした。今回は多選が少なく、選が分かれていました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-02-26 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      予定表 肌に刻んだ農日誌  (直樹)

四選   したり顔 天を掴んだ句の妙味  (直樹)
      橋渡し 素敵な役目福娘  (千賀子)

三選   予定表 母となる日を待ち侘びる  (耕作)
      筆走る 選ぶ天位に迷いなし (和憲)
      添えた祝い句さすがの雅友 手書きの賀状胸を張る  (和憲)
      世の中に絵に描く餅の多いこと  (善三郎)<読み込み 絵>
      筆走る 上手い文字より元気な字  (政信)
      晦日蕎麦 細く長くという縁起  (政信)
      ペアルック 笑顔までもがお揃いに  (美好)
      晦日蕎麦 帰省の孫も顔揃え  (土筆)
      無我夢中連れ添いて今喜寿迎え  (千賀子)<折り句 ムツキ>
      予定表 医院の名前二つ三つ  (雅城)
      羽根伸ばす 出で湯の里に時忘れ  (直樹)
      料理しながら味見が過ぎて 少し気になる体脂肪  (豪人)<送り句>
      したり顔 巻代払う胸の内  (豪人)
      ペアルック 子がプレゼント照れる父母  (泉水)
      晦日蕎麦 定番なれど味新た  (善三郎)
    
      以上 三選15章

多選 18章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-01-29 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      客一人乗せて田舎のバスが行く  (新一)<読み込み 客>

四選   師走人 残す暦が指図する  (和憲)

      雲が隠した湯けむり影絵 月も羨む湯の二人  (恒男)<送り句>

      腹づもり 欲が絡めば狂い出す  (泉水)

      師走人 越すに越せない山も有る (雅城)

三選   物静か 雑念捨ててする写経  (和憲)
      困らせる 青き林檎の反抗期  (直樹)
      初の孫 我が家の宝和で包む  (耕作)
      師走人 景気低迷顔さえず  (千翔)
      プレゼント ノーベル賞という名誉  (政信)
      処方箋 何より勝る家族愛  (美好)
      処方箋 病める地球にぜひ欲しい  (純一)
      腹づもり 解散時期を読む総理  (泉水)
      不祥事に客が離れた大相撲  (雅城)<読み込み 客>
      足が向く 昔赤い灯今お医者  (雅城)
      足が向く やはり生まれた里が良い  (耕作)
    
      以上 三選11章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      常日頃ネジを巻きつつ老い二人  (善三郎)<折り句 ツネオ>

四選   玉手箱 中身は開ける人次第  (雅城)

      郷の秋 神の絵筆で衣替え  (耕作)

      波静か老いの坂道菊日和  (新一)<折り句 ナオキ>

      千の風 爽やかに吹く弥陀の里  (新一)

      二日酔い 意志の弱さを酒が知る  (善三郎)

      荷崩れを何度か妻に支えられ  (新一)<読み込み 妻>

      二日酔い 夕べの主役今朝無口  (恒男)

      美しい 老老介護にこやかに  (雅城)

      気が重い 嘘でごまかすその辛さ  (善三郎)

      気が重い ノルマ果たせず帰り道  (恒男)

      世は情け 支えるつもり支えられ  (謙一郎)

      

      以上 三選11章

多選 12章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      是非もない 因果の道理逆らえぬ  (和憲)

四選   他界なお佳月冠句は世を照らす  (直樹)<折り句 タカヨ>

      波静か ナース走らす心電図  (和憲)

      手に鍬を土にしたしむ老いの日々  (耕作)<折り句 テツオ>

      是非もない 生ある者に待つ運命  (和憲)

三選   生きるとは信じる耐える感謝する  (篤子)<詠みこみ 生>
      視野変えて 許す心を教えられ  (耕作)
      視野変えて 答えは一つだけでない  (謙一郎)
      悔しくて 洗う茶碗の派手な音  (和憲)
      コンパクト 世話になります電子辞書  (善三郎)
      天地人作る冠句の奥深さ  (新一)<折り句 テツオ>
      独り言 手塩の菊に聞かす夢  (和憲)
      是非もない 躾が甘くなる少子  (政信)
      だんな様 好きも嫌いもない一人  (佳月)
      波静か 嵐を越えた夫婦舟  (哲男)
      コンパクト 家も所帯もマイカーも  (政信)
      悔しくて 砂かき寄せる甲子園  (雅城)

      以上 三選12章

多選 17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      新記録 うなぎのぼりの温度計  (哲男)

四選   声をかけ 近い他人の情を知る  (和憲)

      墓洗う 戦死の二字が目に滲みる  (佳月)

三選   縁ありて大きな愛の傘の下  (善三郎)<折り句 エオカ>
      声をかけ 奇蹟を祈る救助隊  (佳月)
      日焼けして 団塊の今農がある  (和憲)
      鵜飼い舟 綱を捌いて妙技見せ  (良春)
      声をかけ 人が仲良くなる秘訣  (豪人)
      流れ星 宇宙の神秘郷静か  (千翔)
      日焼けして 校庭はずむ新学期  (良春)
      西日差す旗が揺れますかき氷  (雅城)<読み込み 旗>
      取らぬ先から数えたメダル そうは問屋がおろさない  (純一)<送り句>
      旗の色良い方に付く関ヶ原  (佳月)
      相撲勝っても大麻に負けて 飛んで火に入る夏の虫  (雅城)<送り句>
      墓洗う 背中流した日を想う  (美好)
      癖になり 誓う禁酒も盗み酒  (哲男)
      鵜飼い舟 風流ながらやや哀れ  (孝代)
      鵜飼い舟 手さばき冴える長良川  (新一)

      以上 三選15章

多選 18章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 08:00 |  安冨冠句会例会
紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      まかせきり 妻の手綱で走る駒  (佳月)

四選   手いっぱい たらい回しとなる患者  (佳月)

三選   まかせきり それでも文句だけは言う  (土筆)
      上きげん 検査結果の良き知らせ  (純一)
      竹の秋 わが身を削る親の愛  (新一)
      頼りない 母から見ればまだ子供  (千賀子)
      根が深い 風雪耐えし岩の松  (直樹)
      七変化 梅雨に花あり田舎道  (和憲)
      まかせきり 指示に素直な全自動  (純一)
      七変化 老いの体調昨日今日  (和憲)
      昭和史をくまなく生きて八十路坂  (純一)<読み込み句 和>
      大地震 平和根こそぎ崩れ去る  (佳月)
      竹の秋 わが身を捨てて子育てに  (新一)
      恋の夜空に言葉は要らぬ 二人で仰ぐ天の川  (和憲)<送り句>
      過保護から付けが廻って手に負えず  (恒男)<折り句 カツテ>
      せきばらい そっと潮時知らせてる  (千翔)

      以上 三選14章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 08:00 |  安冨冠句会例会